半分が優しさで出来ている - Daradaradiary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半分が優しさで出来ている

どうも、善条さんのCVがまさかのツダケンさんになって未だ混乱の中にいる田中です。
宗像的に大分微妙…
つうか、羽張との関係性が気になってしゃーないんですけどね小説の時から。。。

さてさて、皆様お盆いかがお過ごしでしょうか?
私はというと花火を微妙に追っかけて見てます(*^^*)

そんな中、高校時代の友人と10年ぶりぐらいに集まって食事をしました。

三人の子持ち、独身二人と私。

私がまさかの結婚をしたことによりまして、独身二人は「結婚したい病」にかかっているらしくとにかくやさぐれていまして…

私の苗字呼びを辞めるかどうかの話し合いで、離婚したらまた直さなきゃいけないから直さないと言われる始末、離婚しませんけどね(゚Д゚)
まぁ、二人の内一人は「結婚したい病」を抉らせて「ここまで来たら並の相手を選べない病」にかかっているのでね。

そんな彼女が言った言葉
「もう誰でもいい年収が良ければ」
「だったらお見合いするといいんじゃない年収なら」
「でも、半分が優しさでできてないとダメ」
「そんなバファリンみたいな人いないよ」
「現実見たほうがいいよ」

子持ちの現実見た方がいいの一言が重みがあった(^_^;)

図らずもキンキなら光一と言っている方が未婚という…
王子を追い求めてるのかな。

まぁ、でも気持ちもわかるのです、私に先を越されると思っていなかっただろう二人だからやさぐれ方も半端じゃ無いはず('A`)
こればかりはご縁だからな…

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。