ブラックとグレーの間 - Daradaradiary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラックとグレーの間

マル子のことと派閥争いに巻き込まれて大分やられていた田中(ノД`)・゜・。
さらに色々巻き込まれて更新が怪しかったので、次の仕事を探した。

ところが結局マル子も辞めるし、問題のおばちゃんたちも移動するしで何で私次を探したんだろうと思ったがこれが結婚に繋がっていくので正直あの時仕事を変えてよかったと思う。
超結果論だけど(-.-)
ホント前のブラック企業につかまって以来粘り強さがなくなってダメ人間。

さて、急いで探したのでハロワのおすすめするまま新しくできる巨大複合施設の書店員になった。
最初は社保完備だし、なんかいいことばっかり書いてあった記憶がある。

しかし、蓋を開けてみれば限りなくブラックをグレーに装っている企業だった。
3ヶ月雇用保険に入れてくれない、離職証明書出してくれないホントにひどい会社だった。
ハロワに行ったら、巧妙に雇用保険に入れないようにしているって言われた。

入社二年目の店長が「保険入れるよ!よかったね~(*'▽')」って何の疑いもなく言った時にこの人も騙されてるんだろうなって思った。
本来雇用保険はと小一時間…とも思いましたが。
このの会社はブラックです。

というか、書店もこういった方法でやっていくしかない状況なのかな。
ただ、前の仕事は的確な仕事と隙のない根回しが必要だったけど、書店はその点は凄い楽だった。
根回し必要ないだけでこんなに楽かって感じだった。

まぁ、最後まで雇用形態に対する不信感はぬぐえず、それが一番の問題で辞めることになったのですが。
といっても一年はいたんだけど…
正直、先月働きすぎているから今月は出勤してほしくないって言われて3万も先月と給料違った時は愕然とした。

1人で問題解決もできないところまで来ていたので詳しいと思われる人間に聞くことにしたそれが、のちの婚約者べいさんです。

この時期は、扶養にしてくれる人探します!
婚活します!!ってめっちゃ言ってた気がする(;´∀`)

扶養だったら書店員続けていた気もしなくもない。
ビジネスとPC担当だったが自分の興味があるところだったのでとても楽しかったし、自己啓発関係を買っていく人の客層が非常に興味深かった。

書店員の結婚率は低いと思う。
あの給料じゃ無理だろう。
他店から移動してきた先輩は500キロも離れた他県に自衛官目当てに婚活しに行っていた。
そこまでしても、続けたいらしい。

私はそこまでしてする仕事じゃないかなと思ったかな…

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。