新人類マル子 - Daradaradiary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新人類マル子

最近暑いですね(;´Д`)
私の誕生日前後ってこんなに昔暑かったかな…

続きなんですが、まさかの人間に会うホント人生とは小説より奇なりです。

仕事も始まり、とりあえず知ってる顔しかいない職場に帰ることとなったわけですが、私の他に三人の方が入っていました。

お子さんを持つ主婦の方40代
独身50代
既婚女性マル子31歳

独身女性50代も相当なもんだったけれども、今回の主役はマル子です。

日曜の夕方にやってくる小学生に似ているとかそういうことではありません。
マル子はマルチ商法にハマる31歳既婚女性です。

正直、40代と50代とは話が合わないなと思ったのでマル子に声をかけてみるとどうやら都会から引っ越してきたらしく最近結婚もしたので普通の時間で働ける仕事とおもったので受けましたとのことだった。
その時は転勤ある旦那さんなのかなと思っていたのですが…


マル子はテレビは見ないとのことだったので、正直このオタクには話の糸口がない…
しゃーないので、婚活をしに引っ越してきてさらにはお相手を見つけたというのでその話を聞くことに。

私、婚活したいし!

しかし、日に日に見える狂気の言動。
「私は、旦那さんと会ったその日に結婚したんです!」
マジか…
「結婚して、2週間で新居の土地を見つけたんです」
もっと話し合ったら…
「旦那さんとは別居していて、旦那さんが住んでる部屋に結婚して一年入ったことがないんです」
そんな人問題です!!

よくよく聞いてみると彼女が実の親のように尊敬している整体の先生が運命の人に会える場所を教えてくれてそこに昔あったことのある男性がいて先生の話で盛り上がったのでその日に婚姻届を出しに行ったそうです…
引っ越してきたのもマルコにいい方角だったから、旦那はこっちの方角がよくないので別居した方がいいと言われて別居してるらしい。

危ない人とお近づきになってしまったものです。
そして毎週のように誘われるお料理教室。
マルチの勧誘です…
というか、私は入社日からおかしなところを一番身近に感じてきていたので、そのお料理教室どうせあなたのお友達の危ない人たちなのだろうと思っていたので断っていました。
そこで見事に引っかかったのが50代独身女性だったんだけどねのちに|д゚)

「田中さんも闇雲に婚活するぐらいなら先生に運命の人教えてもらった方がいいですよ」って言われました。
そりゃ双方に同じ場所と時間を教えてたら運命の人現れると思いますよ大きな意味での婚活ですよねw

正統法で話して断れる相手ではないと思ったので、「私も信じている占い師がいるのでその先生が言うペンタクルスのキングを探そうと思っています!」と言ったらそこからあまり誘われることもなくなった。

やはりあちらも変な人とは付き合いたくないらしいwww

今、マル子は旦那さんと新居に住んでいると思いますがどうお過ごしでしょうかね。

しかし、職場にいる独身のお姉様がたよりもマル子が幸せそうだったのも事実。
まぁ、マル子が言っていた「どんなに趣味が合わなくても結婚はできるんですよ」ってめっちゃ言われたけど。
結婚はしたいけど私は合わない人なら結婚しなくていいと私なんかは思いますけど(;・∀・)

余談ですが、マル子は婚活当時にワカメさんと一緒になったことがあるそうです。
ワカメさんはマル子と知り合いであることを隠そうと必死でしたけどね(;^ω^)
田舎の婚活なんて同じメンバーで回っているのでしょうかね…
テーマ: 恋活・婚活 | ジャンル: 恋愛

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。