恋活・婚活・結婚 - Daradaradiary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おたくとは(;´Д`)

どうも、最近のマイブームは機種変前のスマホを風呂に持ち込んでおそ松さんを見ることです。
推し松はカラ松です(*´з`)

私は、どう転んでもオタクなんですけど…
スマヲタ人生は一番長いし、アニメも見るし、グッズも買うし腐でもあるし。

引っ越してきたところが割と都会なんで、アニメイトが大きいんですよね…
地元の時はあれば買うだったのがまぁ、あるんですよね…
結婚してからさらにヲタ度は増してる次第です。

さて、見知らぬ土地に住んで四ヵ月ほどですが、働いているわけではないし新しい人脈などできないと思っていたんですが、まさかのLINEをするような人物が数人増えまして。

ぶっちゃけ、某くじを引きにいった時の前後の方です。
まぁ、初日の開店に並んでる人間なんて私含め皆さんガチ勢です。
推しキャラが別なこともあっていらなければ交換しましょうぐらいで連絡取りあってるんですが。

その中の約一名からこの前「失礼ながら私も独身ですし」と返答が来た。

まぁ、何でしょうあんな開店前にフィギュア欲しさに並んでる人間ですからね…誰が見てもそうなんでしょうけど…

実は既婚です。
もはやこれが言いづらい…

去年のクリスマスイブの時に旦那が「聞いてよ!メイド喫茶のチラシ渡されたんだよ!!」って怒って帰ってきたことを思い出した。
前を歩いていたイケメンサラリーマンには渡さなかったらしい。
クリスマスイブにメイド喫茶に行きそうに見えることかと憤慨していたが。

見える( 一一)
そして、お前の嫁は行くととこまで行って二次元の旦那と結婚したと思われているよ(-_-;)
なんだろうそろそろ、おしゃれ主婦とか目指した方がいいのだろうか…

現実の旦那と二次元の旦那でバランスとってるからなー。
銀魂のライブビューイング外れたら自分の人生を見返すことにしよう(;´Д`)
スポンサーサイト

新婚旅行1

さて、家事などやっていますが、やはり多少時間ができるのでちょっとづつ書いていこうかと思い立ちました。

結婚式はつつがなく。
というか、プチ婚なんで家族のみの食事会。
プランナーさん曰くこんなに早く終わったのは初めてだということで。

夫の家族もうちの家族も飲む人間がほぼいない(;'∀')

しかし、乾杯のためにシャンパンを一本開けたが、その唯一飲む家族たちが一杯でいいと言い始めて…
シャンパン開けたんだぞ!と思い結局、新婦の私がシャンパンを飲み続けるという(;^ω^)
こんな新婦いないだろうな。。。
結局、披露宴は飲む人間がいるから時間がかかるんだねってことがよくわかる感じでした。
両家共に飯食いに来た感半端なかった(*´Д`)


そんな私たち式から中一日で新婚旅行に行ってきました。
行先はケアンズ。

何故ケアンズになったのか?

旦那は、学生時代パラオに研究のために潜りに行ったことがあるらしく南の国の魅力を伝えたいと熱く語られました。

海外か~

正直乗り気でなかった私。
この年まで飛行機に乗らなかった私です。
少なからず嫌だから乗っていないわけですよ飛行機に。
しかし、熱意に負け海外に決定。

さて、どこにするのか、やはりハワイかと話になったのですが、特にハワイに魅力も感じるところがなかったので、私がケアンズを提案。
何故に海外に全く興味がない私がケアンズに行きたいといったかというとこれ

ハナタレで行っていたから。
シーウォーカーはやりたい。
旦那に見せると即決となりました。
海も山もあるところがよかったらしいです。

地元の空港から直行便がないので成田まで新幹線とエクスプレスここまでで正直疲れた。

IMG_0127m.jpg
成田第三ターミナル

20時台出発の便だったので第二ターミナルに行って夕飯食べてさらにお土産を実家に送ったりと四時間ほどのんびり。

しかし出発前に問題発生。
ジェットスターのアップデートのためとかいう理由で搭乗手続きが止まる(。-`ω-)
なんか知らんけど、国内線の方には警察官三人…

結構な時間待って、何故か前に並んでいたおばちゃんと話し始める。
おばちゃんは一人旅でケアンズだそうだ。
この人は、後々非常にびっくりする登場の仕方をして今でも私たち夫婦の中で話題に上がるナイスキャラの持ち主です。

そんなことがあって雨がぽつりぽつりと降ってき始めた。

IMG_0151m.jpg
飛行機怖い(; ・`д・´)
あ、私たちは映ってません。

旦那に飛行機は安全だと言われまくったが正直信用ならんかった。
そして乗ってみると、超怖い…

結果的に台風を二つほど回避しながらの飛行だったようで、夜中にシートベルトマーク点灯するし、急降下は定期的にするし|д゚)
耐えるしかない7時間でした( 一一)

一番揺れがひどい時に音楽を聞いて落ち着こうと思い流れた曲がスマのBatteryで疾走感半端なくやばかった。
結構夜から乗ったのに機内食は二回出るし、二回目は3時ぐらいにたたき起こされて食べさせられます(;´Д`)

一日目はこんな感じで疲れる移動日でした。

半分が優しさで出来ている

どうも、善条さんのCVがまさかのツダケンさんになって未だ混乱の中にいる田中です。
宗像的に大分微妙…
つうか、羽張との関係性が気になってしゃーないんですけどね小説の時から。。。

さてさて、皆様お盆いかがお過ごしでしょうか?
私はというと花火を微妙に追っかけて見てます(*^^*)

そんな中、高校時代の友人と10年ぶりぐらいに集まって食事をしました。

三人の子持ち、独身二人と私。

私がまさかの結婚をしたことによりまして、独身二人は「結婚したい病」にかかっているらしくとにかくやさぐれていまして…

私の苗字呼びを辞めるかどうかの話し合いで、離婚したらまた直さなきゃいけないから直さないと言われる始末、離婚しませんけどね(゚Д゚)
まぁ、二人の内一人は「結婚したい病」を抉らせて「ここまで来たら並の相手を選べない病」にかかっているのでね。

そんな彼女が言った言葉
「もう誰でもいい年収が良ければ」
「だったらお見合いするといいんじゃない年収なら」
「でも、半分が優しさでできてないとダメ」
「そんなバファリンみたいな人いないよ」
「現実見たほうがいいよ」

子持ちの現実見た方がいいの一言が重みがあった(^_^;)

図らずもキンキなら光一と言っている方が未婚という…
王子を追い求めてるのかな。

まぁ、でも気持ちもわかるのです、私に先を越されると思っていなかっただろう二人だからやさぐれ方も半端じゃ無いはず('A`)
こればかりはご縁だからな…

先週

入籍しました~。

でも、別居です(;'∀')

11542087_883302405082408_4831756214976381655_n.jpg
職場でも祝ってもらいました。

理由としては、お部屋が単身なんでそこそこ狭い。
同じ職場に行ってるんであっちに住んだ方がいいのですが、正直実家から電車で行くのと夫の部屋から徒歩と同じ時間かかるから定期が切れるまでは実家からかなぁって感じです。
それから、私的に最大の理由は下の階に住んでる40代独身男性の先輩が超怖いから。
もはやトラウマレベル(◎_◎;)

しかし、親がまだ家にいるよね!?的な聞き方してくるんだけどいつまでいて欲しいんだろか…

というわけで、特定疾患の更新をどうやればいいかわからなくなってきた田中です。
名前だけ変わって…
3か月後には転勤するから…
ホントにめんどくさい人生だなw

美しさは二次元に求める

どうも、今日は眠すぎて眉毛を書き忘れてゆるーいマンソンのような風貌で一日仕事してました田中です。
いいんです客商売ではないので(-_-;)
いやーでも、初めてだ眉毛書き忘れたの…ショックだ。。。

さて、そんな田中の二次元な話。
私は顎のとがった男がいっぱい出るアニメが好きだというかKが好きだ。
宗像大好きだ!!

rm-02.jpg rm-01.jpg
れーし美しいよね美しいと言ったられーしよね。

「二次元は二次元。」
知り合いのおばちゃんたちの会話が…
腐の娘さんを持つ奥様60代と最近アニメ好きになった娘さんを持つ奥様50代。

「彼氏と別れてアニメにハマっちゃって結婚できるか不安。」
「二次元は二次元。それよりも買ったものが孫の手の届かないところに保管しないと」

50代の奥様の娘さんは多分腐じゃない…
でも、私には的確過ぎて身が引き締まった。

そうだね…
死ぬまでアニメ的趣味を隠して結婚すると言ってる友人がいるけど、正直無理じゃないかなと思う。
子供の手の届かない場所は大事。

うちのべいさんは本人は否定しますけどオタなんで、楽しくやってます。
Missingkingsも一緒に行ってくれました。
前売り買いすぎて休みのたびにちょっと映画館に用があると言ったら片道二時間の映画館に車出してくれた(;'∀')

K見てる男ってレベル高すぎるよ(; ・`д・´)
しかし、後にも先にもきっとダモクレスダウンを語れる男は彼しかいないと思ってます。

10月楽しみです( `ー´)ノ
テーマ: 恋活・婚活 | ジャンル: 恋愛

驚きすぎると人は固まる

最近、本当に色々なことがありまして…大分疲れてます。
さっき一時間ほど寝てたらしく起こされて反射的にヤバい!って言ったらしくて弟に凄い心配されました(◎_◎;)
夢でも苦しんでるな私。

いいこともあれば…悪いことも…
祖母が認知症になりました。
これはこれでかなりなもんですが、その話とは別の固まった話。


式場の打ち合わせに行った日のこと。

食事のコースなどの話し合いをしている時にプランナーさんが席を離れたすきに私たちの目の前にオレンジジュースを片手に座った一人の女性。
なんてやつだと思ったら、まさかの!?

「えっ!?何してんの???」
「あ……結婚するんです」
「ホント!」
「あ…はい」

占い師でした(; ・`д・´)

あまりのことに固まっていると。
うちのべいさんが誰という目線を。
小声で占い師であることを告げる。

まぁ、見た目的にもそういう感じの人じゃないので、私の高校の知り合いだと思ってた|д゚)
というか、リアル高校の先輩だと今更知る…

そんな微妙な空気の中プランナーさんが帰ってくる。

プランナー 「お知合いですか?」
(●ー●)「仲人さんのようなものです」
プランナー 「そうですか~( *´艸`)」
田中 「そのようなものです…」

よくよく聞くとお友達の結婚式に参列されるところだったそうです。
私たちの前に座ったのは完全にたまたまだったようです( ゚Д゚)

まぁ、狭い街なんでねそんなこともあるだろうけども何故、何故なの!?
正直、大切なことだし占いに頼るってのもどうかと思って付き合ってからは一回も行っていなかったので、本当にびっくりした。
結婚はご縁とは言いますけど( 一一)

ただね、べいさんには包み隠さず話していたので、これが例のあの人かと知っていただけたのでよかったのかもしれない。
思った以上に普通のおねーちゃんだねって言ってた。

仲人って言ったのが密かにツボでした。
まぁ、そうです大きな意味で。
テーマ: 恋活・婚活 | ジャンル: 恋愛

理想崩壊

今日はめっちゃ寒かったです(*_*)
そして、気圧のせいか頭が痛い。

続き

開店間近現れたタイプの男。
関さん…関ジャニにいそうなタイプだから(;'∀')

さて、田中は小学校低学年から中居坦です。
行きつく先はどうしてもここなのです。

顔のシュッとした頭が回り、口がうまく、お茶らけているようで常に大局を見ることのできるヤンキー。
究極はこれがタイプでした。

自分のことは棚に上げまくった上で、やはり顔がいい喋りの面白い人最高です。
そんな人が現れました。
久々にときめきを感じた気がしますその時は。

一週間も仕事一緒にしてみると化けの皮がはがれてきます。
仕事ができない、いや語弊がある。
あの会社の中では仕事ができる人であったんだろうけど、人望もなければ的外れなことを平気でする。
会話だけで出世してきた人のようだった。

終いには、災害訓練に責任ある人間を出席させず、私が店長の振りして出席させられる…震災で学んだことはないのかと心底腹が立った。
契約にもしてもらえていないのに何故か面接官させられたりめちゃくちゃだったなあいつのせいで(-_-メ)

さて、そんな時にふとよぎっていたのがべいさんです(●ー●)
べいさんならそんなこと言わないのにな~というか自分でやっちゃうだろうな~とか考えていたのです。

まぁ、二度と会うことがないと思っていたので美化していたのでしょうけど、べいさんってできる人だったんだなーと改めて感じていた田中でありました。
勝手にどんどん株が上がっていった。
2人とも180度違う職種だから比べようないはずなんだけどね。

前回も書きましたが、結果からいうと何故か連絡先を手に入れることができて、付き合って婚約に至っているんですけど。

ホランに夜中に数時間何故連絡先を交換しなかったのかと説教され…
でも、外野がうるさくてとかだって、今更連絡先を教えてくれって気軽にいえない感じなんだけどと言ったらでもとだっては封印しろ!とまたキレられ…
封印したら何故か連絡先が手に入った感じでした。

ご縁があったのでしょう。

理想と思っていた男性像は結婚相手の理想ではなくそこを求めたところで幸せになれないと何故か感じた。
とても良い体験でした。

私も結婚しますが、関さんは栄転を気にどうやら結婚するそうです。
めでたいです。

ブラックとグレーの間

マル子のことと派閥争いに巻き込まれて大分やられていた田中(ノД`)・゜・。
さらに色々巻き込まれて更新が怪しかったので、次の仕事を探した。

ところが結局マル子も辞めるし、問題のおばちゃんたちも移動するしで何で私次を探したんだろうと思ったがこれが結婚に繋がっていくので正直あの時仕事を変えてよかったと思う。
超結果論だけど(-.-)
ホント前のブラック企業につかまって以来粘り強さがなくなってダメ人間。

さて、急いで探したのでハロワのおすすめするまま新しくできる巨大複合施設の書店員になった。
最初は社保完備だし、なんかいいことばっかり書いてあった記憶がある。

しかし、蓋を開けてみれば限りなくブラックをグレーに装っている企業だった。
3ヶ月雇用保険に入れてくれない、離職証明書出してくれないホントにひどい会社だった。
ハロワに行ったら、巧妙に雇用保険に入れないようにしているって言われた。

入社二年目の店長が「保険入れるよ!よかったね~(*'▽')」って何の疑いもなく言った時にこの人も騙されてるんだろうなって思った。
本来雇用保険はと小一時間…とも思いましたが。
このの会社はブラックです。

というか、書店もこういった方法でやっていくしかない状況なのかな。
ただ、前の仕事は的確な仕事と隙のない根回しが必要だったけど、書店はその点は凄い楽だった。
根回し必要ないだけでこんなに楽かって感じだった。

まぁ、最後まで雇用形態に対する不信感はぬぐえず、それが一番の問題で辞めることになったのですが。
といっても一年はいたんだけど…
正直、先月働きすぎているから今月は出勤してほしくないって言われて3万も先月と給料違った時は愕然とした。

1人で問題解決もできないところまで来ていたので詳しいと思われる人間に聞くことにしたそれが、のちの婚約者べいさんです。

この時期は、扶養にしてくれる人探します!
婚活します!!ってめっちゃ言ってた気がする(;´∀`)

扶養だったら書店員続けていた気もしなくもない。
ビジネスとPC担当だったが自分の興味があるところだったのでとても楽しかったし、自己啓発関係を買っていく人の客層が非常に興味深かった。

書店員の結婚率は低いと思う。
あの給料じゃ無理だろう。
他店から移動してきた先輩は500キロも離れた他県に自衛官目当てに婚活しに行っていた。
そこまでしても、続けたいらしい。

私はそこまでしてする仕事じゃないかなと思ったかな…

新人類マル子

最近暑いですね(;´Д`)
私の誕生日前後ってこんなに昔暑かったかな…

続きなんですが、まさかの人間に会うホント人生とは小説より奇なりです。

仕事も始まり、とりあえず知ってる顔しかいない職場に帰ることとなったわけですが、私の他に三人の方が入っていました。

お子さんを持つ主婦の方40代
独身50代
既婚女性マル子31歳

独身女性50代も相当なもんだったけれども、今回の主役はマル子です。

日曜の夕方にやってくる小学生に似ているとかそういうことではありません。
マル子はマルチ商法にハマる31歳既婚女性です。

正直、40代と50代とは話が合わないなと思ったのでマル子に声をかけてみるとどうやら都会から引っ越してきたらしく最近結婚もしたので普通の時間で働ける仕事とおもったので受けましたとのことだった。
その時は転勤ある旦那さんなのかなと思っていたのですが…


マル子はテレビは見ないとのことだったので、正直このオタクには話の糸口がない…
しゃーないので、婚活をしに引っ越してきてさらにはお相手を見つけたというのでその話を聞くことに。

私、婚活したいし!

しかし、日に日に見える狂気の言動。
「私は、旦那さんと会ったその日に結婚したんです!」
マジか…
「結婚して、2週間で新居の土地を見つけたんです」
もっと話し合ったら…
「旦那さんとは別居していて、旦那さんが住んでる部屋に結婚して一年入ったことがないんです」
そんな人問題です!!

よくよく聞いてみると彼女が実の親のように尊敬している整体の先生が運命の人に会える場所を教えてくれてそこに昔あったことのある男性がいて先生の話で盛り上がったのでその日に婚姻届を出しに行ったそうです…
引っ越してきたのもマルコにいい方角だったから、旦那はこっちの方角がよくないので別居した方がいいと言われて別居してるらしい。

危ない人とお近づきになってしまったものです。
そして毎週のように誘われるお料理教室。
マルチの勧誘です…
というか、私は入社日からおかしなところを一番身近に感じてきていたので、そのお料理教室どうせあなたのお友達の危ない人たちなのだろうと思っていたので断っていました。
そこで見事に引っかかったのが50代独身女性だったんだけどねのちに|д゚)

「田中さんも闇雲に婚活するぐらいなら先生に運命の人教えてもらった方がいいですよ」って言われました。
そりゃ双方に同じ場所と時間を教えてたら運命の人現れると思いますよ大きな意味での婚活ですよねw

正統法で話して断れる相手ではないと思ったので、「私も信じている占い師がいるのでその先生が言うペンタクルスのキングを探そうと思っています!」と言ったらそこからあまり誘われることもなくなった。

やはりあちらも変な人とは付き合いたくないらしいwww

今、マル子は旦那さんと新居に住んでいると思いますがどうお過ごしでしょうかね。

しかし、職場にいる独身のお姉様がたよりもマル子が幸せそうだったのも事実。
まぁ、マル子が言っていた「どんなに趣味が合わなくても結婚はできるんですよ」ってめっちゃ言われたけど。
結婚はしたいけど私は合わない人なら結婚しなくていいと私なんかは思いますけど(;・∀・)

余談ですが、マル子は婚活当時にワカメさんと一緒になったことがあるそうです。
ワカメさんはマル子と知り合いであることを隠そうと必死でしたけどね(;^ω^)
田舎の婚活なんて同じメンバーで回っているのでしょうかね…
テーマ: 恋活・婚活 | ジャンル: 恋愛

病気と向き合い付き合う

仕事先も決まり、というか元の会社に契約で入り直し、さて婚活かと思って。

冷静に考えてみたが、私はもやもや病患者だ…
婚活って健康体でも難しいらしいし。

大した仕事もしてない、学歴もない、病気が子供に遺伝するかもしれない、死亡率は15%おまけに美しくもかわいくもないヲタク。
単純に婚活始めてこんな奴が来たら自分だって嫌だと思う。

結婚に対する一般的な理想とか希望とかホントに昔からない。
ただ漠然と32まで家庭を持ってなければ色んなことを諦めようという期限は中学ぐらいの時に決めていた。

理想を言うなら私の病気を理解してくれて私と一緒に子供を育ててくれる人だった。
遺伝するからといろいろ考えてはみたけれど、結局子供は欲しい。
譲れないことはこれだ。

しかし、この条件を飲んでくれる奇特な人は婚活ではきっと現れないこれが結論。

さてどうしようと思った時に色々起こって相手は見つかったわけではありますが、付き合う前にもやもや病のことも全て言いました。


相手も気の済むまでネット検索したようです。
凄い心配していました(●―●;)
まぁ、そうですよね…得体のしれない病気だし…武道館いっぱいになるぐらいしかいない病気だし(´・ω・`)

後で聞いた話ですが、30歳の女性に交際を申し込むわけなのでちゃんと考えるの中に病気のことも入っていたらしいです。
正直、もやもや病の場合は結婚したからの方がひどくなるかもしれない。
出産が大きなターニングポイントになる可能性がとても大きい。
現時点で一緒に考えてくれるというのはとてもありがたい。
相当話し合ったうえでそれでもプロポーズしてくれたことは奇跡だと思っています。

もやもや病に限ったことではありませんが、持病を隠して付き合うのはよくないなと改めて感じました。
付き合う前に言っても、後で言っても結果が変わらないと思います。
言ってしまいましょう( `ー´)ノ
共に病気と向き合い付き合ってくれる人を探しましょう。

当面の心配は新婚旅行が海外なもので無事に行って帰ってこれるかってことですかね…
パスポート取ったことあるのに飛行機乗ったことない人なんで田中…9.11がね…
英語の診断書とかいるかなー高いからな~とりあえず、通院の時に聞かないと。
テーマ: 恋活・婚活 | ジャンル: 恋愛

女子会北上

私たちの地元には秋に河川敷に集合してイモを煮る会がある。
何が楽しいのかと聞かれれば疑問しか残らないが正直花見ぐらい盛り上がる行事である。
しかも、スーパーで御座から薪から鍋までレンタルできる。
お手軽です(*´ω`*)

メンバーは田中、いつものホラン。
そして、今回初出場のまずは2人。

ふわみ つかみどころのない人なんです。
ふわみは、比較的お嬢様です。
家に高級車が…
高校の時から浮きを離れ感半端ない。
かといって、私たち庶民と合わないほどのギャップはないためまだ友達でいれてる感じ。
性格から何から何まで真逆なのだが、腐という一点でお友達になれたのではないかと思ってる。

眠子 とにかく寝てるイメージ
御趣味はと聞かれて睡眠です。と答えたという逸話をもつ眠子
高校時代とても頭がよく、私のようなバカが話しかけられないオーラが出ていると勝手に思ってたけど何故かいまだに友達。
持病持ち同士。

この二人は、東京時代も一緒に遊んでた数少ない友達です。
地元に帰ってきてからはホランが皆を集めて時々女子会をしていました。
私以外はみんな美しいです(;´∀`)

北に向かう道中ふわみが告白された話で終始盛り上がるも何故かふわみが号泣しだす(ー_ー)!!
今思えば、本当に嫌な人だったのかもしれないが29歳で真剣交際申し出てくる男はとりあえず付き合ってみた方がいいというのが皆の意見だった。

もう一人友人が河川敷で合流する。

山子 とにかくでかい…
山のように大きい身長も心も。
高校時代から唯一彼氏がいたリア充。
いいやつすぎて変な男によく捕まるようだ。

10月の河川敷寒すぎたなっていう感想で終わったが、結論から言うとこの北上によって男の影すらなかった人間も合わせて5人全員に男が現れることとなった。

バカにしないで北上してよかったのかもしれない(;・∀・)

北に来るというのが大元の目的なため特にいつもと同じノリで出会いがねぇ~なって話と、私の部屋の掃除話に終始した。
汚部屋の段ボールの話。私の話で笑ってくれればいいさ。

学生時代から変わっていない。
変わり者で通ってきたのでね私は。
短大出てすぐに結婚して現在二児の母やってる高校時代の友人が、田中は人に合わせるのがうますぎるから苦労すると思うけど、頑張ってと17の時に言われた。
その時はなんでそんなこと言うのかと思ったけど、思えば合わせたことでいろんな目にあってきたなと思います。

この集まりから一抜けることがどこか違和感があります。
が、正直最後になりたくなかった。
結婚に関してこの時点では一番最後尾だった私、心のどこかでごぼう抜きしようと思っていた。
なんて性格が悪いのでしょう…

でも、なんかここでやらないとやばい感じがここ2年で出会った既婚女性と独身女性たちを目の当たりにして思ったことだった。
頑張るなら、ここしかない!

すいません、特に身になることは書いてなくて。
テーマ: 恋活・婚活 | ジャンル: 恋愛

うちの兵長…

リヴァイならぬホラン兵長によるお掃除革命が始まる。
今更進撃を最新刊まで読みました。
面白いですね…兵長(*´з`)

占い帰りの車にてホラン兵長によるお掃除指南開始です。。。
こんまりさんの片づけ術を実践していたホラン。
ときめかない物は捨てろ!と。

確かにこんまりさんの片づけ術は、凄いと思った。
闇雲に片づけて行って全く片付かない数年を過ごしていた私ですら片付いた。
部屋から段ボールが大小合わせて20箱以上出てきた。
テレビの音がクリアに聞こえて感動した!とホランに伝えたら、大分困惑された。

でも、ホランが定期的にSNSで片付いたかとか聞いてこなければやらなかったと思うので、本当にありがたい。

さて、男の前に掃除しろ!を実行しての変化は。
部屋を片付けると痩せるってのはホントらしい( `ー´)ノ
段ボールがあまりにも集まると音を吸収する…どうでもいい。

と全く出会いに繋がるものは出てこない。
そりゃそうだ、特に異性のいる場所に行っていないし。

またホランから連絡が来た。
「北へ行こう」
この年、私たち1984年生まれは北に行くといいことがあると言われていた。
29歳悪あがきはとりあえずやるという結論に達した私たち2人は高校時代の友人2人を連れて出かけることにした。

10月の河川敷私たちを待ち受けていたのは!?

次の話が割と長いので今回は掃除だけで。
べいさんは掃除好きであっちの部屋に行くととても快適なので、自分の部屋もさらに掃除するようになりました(;・∀・)
テーマ: 恋活・婚活 | ジャンル: 恋愛

ちょっとあいたけど続き

どうも、田中です。
なんかよくわからない週末を過ごしました。
指輪選びからの彼が家で倒れ、私だけ夜食べ放題に行って友人に結婚する旨お伝え。。。
倒れた原因は食べ合わせだったらしい。
水と油ってのは一緒にはダメ!油麺ダメ絶対!!

では続きをどうぞ。


専門学校時代一周り違う友人がいた。
出会った時に私の今の年だ。

彼女は一緒に占いに行って欲しいと頼んできた。
まだ十代だった私はいいよ~と気軽についていった。

某母に占ってもらうために超長い時間並んだ記憶がある。
あの後あんなにテレビに出る人になるとは思わなかった。

その時に言われたのは、”30ぐらいに現れる男を離すな!”
いや、10年以上も先のこと言われても困るんだけどとか思ったけど、今思えばそれなりに当たっていたのかもしれない。
その時の友人は運命の人は今の前の人って言われてたな…今どうしてるかな?

今回も友人に誘われてまた占いです。
タロットが当たるらしい。
30代後半ぐらいのかなり占い師っぽくないお姉さん(金髪)登場。

タロットをするに当たってカバラとやらを調べられた私は11だった。
11ってのは珍しいらしい(*‘∀‘)

仕事の方は凄い悪いけどそのうちチャンス到来すると占ってもらった。
まぁ、それだけでもよかったんだけど、もう結婚考えないと取り返し付かないよということで恋愛占ってもらうと。
ちょっと無理そうな人ばかり…
前、ワカメさん記事でポマードさんが進めていた狩人さんと思われる人も出てきました(-_-;)
狩人さんは40歳ぐらいなのですが、最近狩猟免許を取ったらしく週末は原付に乗って狩りに行く感じの…無理w
その中には今の彼もいましたが私はその場で「その人は嫌です!」と答えました(-"-)
ろくに話したことがなかったのもありますが、その時は絶対無理だと思ったからというか理系男子は私の中で対極にいるために未知の生物だった|д゚)
しかも、歩き方が特徴的すぎる…これよりうちの彼はべいさんとします。
一番近い歩き方が(●―●)マックスなため。。。

ちょっとどれも無理そうなんですけどってことでそれなら結婚相手を占うことに。
将来の旦那は大事です。
出たのがペンタクルスのキング。
20150217175826c04.jpg←これとこれ→20100826_1029760.jpg
他にもいっぱい出てたけどこれしか記憶にないw

彼女曰く、前世的なものでも結婚してた人だから、相手も貴方もその人以外無理って感じだよと…
いいじゃん、お金持ってるよ!ただ、女心は分からないと思う。←断言…か(;'∀')
でも、お金持ってる!!って凄い言われた(;´∀`)

この当時はね、お金あるならいいわ~ぐらいに思ってた。
まぁ、結婚で色々お金のことを考えることが多いわけですが、うん。
うちの(●―●)は紛うことなきペンタクルスのキングです(;^ω^)
女心をもうちょっとわかってほしい…

一緒に行ったホランは相変わらずレベルの高い男性との悩み相談で、スゲーなと思いつつ隣で聞いてましたけどね。

信じてみようと思った理由は実は別で…
だって、前世で一緒だった今はそこそこ稼いでる人なんて数日後に無職決定の私に出会えるはずないからね、しかも前世で一緒ってことはさ、婚活パーティーどれぐらい出ればいいんだよ無理だろ~( ゚Д゚)
雲をつかむ話し信じるわけない。
ただ最後の一言で覆される。

入ってきた時から思ってたんだけど、なんでそんなに部屋汚いの?
段ボール積み重なってるけど何?
男の前に部屋掃除してすぐに。って…
マジか!?
見えてるのか私の腐海を|д゚;;)

鬱にかかって部屋は段ボールの腐海と化していた。
そして、何故それをパーフェクトなホランの前で言ってしまうのですか…

次回、ホランの監視のもと始まった掃除と北へ向かう5人。



派遣延長ならずからの~

そんな会社も派遣延長ならず、とりあえずどうしようかと考えつつ残り2週間になった時にやってきた友達からのLINE。
LINEの主は高校からの友人でホラン千秋に似ている。
これより通称ホラン。

ホラン 「今何してんの?」

田中 「派遣してるけど来月から暇」

ホラン 「んじゃ、占いいぐべ!」

ん?

私の高校からのホントに仲のいい友達で結婚している人間が一人もいないのはホランの存在があったからのような気がする。
ある種の油断だ(-_-;)

ホランほど容姿に難がなく、料理も裁縫もプロ級、なんなら日曜大工も完璧。
皆でキャンプに行こうものなら火起こしから後片付けまで一人でこなす…
男友達も女友達も多い。
私が思うリア充に一番近い人物だ。
私なんかは本気でホランの結婚式に行ってから婚活しようとか呑気なことを思っていたぐらいだ(;´Д`)

「当たる占い師らしいんだけど」

よくよく話を聞くと、友達が皆当たるって言ってるんだけど、1人で行きたくないから一緒にどうだって話だった。
確かに1人で行ってツボを売られたらたまったものではない。
ホランは昔からさばさばしているし現実主義なところがあったので、占いって言葉に若干の違和感はあったものの。
絶対にマルチとか宗教にハマるタイプじゃないので、OKした。

結婚しないといけない気は漠然とから危機感へと変わっていたが、私的には来月からの仕事の方が重要だったので、占いに行きたかったというのもあった気がする。
それにもし変な占い師でもホランとなら変なことにならない気がしたのも大きい。

次回人生二度目のガチ占い師に占ってもらう仕事、恋愛いかに!?
テーマ: 恋活・婚活 | ジャンル: 恋愛

ワカメさんの真実

ワカメさんは毎日お手製お弁当を持ってきていました。

そのお弁当には全く冷凍食品が入っていませんでした。
美味しそう。
大分変っている人ではありましたが、その点だけでちゃんとしているのかもと思っていました。

私もお弁当持参して仕事。
でも、ほぼ冷凍食品…
食べに行くと高いしコンビニも高いし。

するとワカメさん

wakame02.jpg 「田中さんはお弁当自分で作ってるの?」

田中 「はい、そうですよ」

wakame02.jpg 「朝、大変じゃない?」 

田中 「夜に作れるものは作って朝詰めるだけにしてますよ。後は冷凍なんで何とでも」

wakame02.jpg 「フライとかも?」

田中 「はい…」
アース 「今なんでもありますよね」

wakame02.jpg 「そうなの?」

正直びっくりした冷凍食品を知らない人…
これは自分で作ってないなお弁当。
っていうか、どういう生活していれば冷凍食品知らないで暮らせるんだ(; ・`д・´)

ってか、あれ?…もしかして!?

その時何気ない会話で入ってきたポマードさん

ポマード 「ワカメさんの子供さんももう手離れたのか?」

wakame02.jpg 「……独身です」

ポマードさんは何も悪くない何故ならそのフロアにいたほぼ全員が驚いたのだ。
正直、子供さんは二人ぐらいいるように見える。
どういったらいいのだろう、年齢を重ねた方でもしかしてこの人独身かもと思う人にはそれなりの共通点というか、服に気を使っていたり、醸し出す雰囲気とかがやはりどこか独身なのだけれど。
ワカメさんにその雰囲気が一つもないのだ。
しかし、モラハラとかになるのかなこういうのも( 一一)

私はよくポマードさんと対立していたがその時だけは全力で同情した。
あなたは悪くない。

ポマード 「ほら、※狩人さんとかどうだ?あの人まだ独身だよ」

wakame02.jpg 「そろそろ婚活しないといけないかなと思って(*´▽`*)」

ワカメさんの満面の笑みが今でも忘れられません。
薄々感じていたことですが、彼女はスマヲタでした…
お弁当を包んでるものもグッズのバンダナだったし。
誰坦かまでは知りません…
10年後、私はああなりたくない。

いや、このまま放置したら10年後ワカメさんに私もなっているかもしれない。
スマやアニメ舞台見てたら幸せだ!確かにそう思ってきましたが、何故かワカメさんを見てこの幸せってどうなんだろうと思い始め凄く追いつめられた田中でした。

余談その1
ちょっと色々ありましてまた単発の仕事を刻んでいくことになったのですが、久々にワカメさんと同じ職場に行く機会があって挨拶したら第一声「田中さん、婚活してる?」って聞かれた('Д')
ハイと言ったものの正直に婚約中とはいえなかった…

余談その2
新キャラの狩人さんは後々多少関係あるので頭の片隅に置いててください。
多少です。
テーマ: 恋活・婚活 | ジャンル: 恋愛

GUとワカメさん

婚活の話なんですが…
ちょっとかかりますそこまでに( 一一)
すいません!


決してきつい仕事ではないのですが、デスクワークがダメな人にはとことん向いていない仕事なので、一か月もすると誰かしら辞めていき、私はワカメさんと同じチームで仕事をすることになりました。

ワカメさん

誰もが知ってる会社を定年退職して派遣してる
通称ポマードさん(正直臭う…)

震災で被災県に就職先が決まっていたのに親に反対されて派遣をしていた
通称アースちゃん(よく着てたから)

そして私、田中

年齢的にもアースちゃんとは合う話そこそこあったので、お昼休みなどは当り障りのない話で盛り上がっていました。
たとえば、
アース 「田中さん、それGUじゃないですか!?私も持ってます!」
田中 「いいよね安いし。私服じゃこういうとこで働けない服ばっかりだからまとめて買ったのよ」
アース 「セールいいですよね~」

そこの会話に入ってきたワカメさん

wakame02.jpg 「何?どこで服買ってるの?」

田中 「安いのは県内で買いますけど、欲しい服は隣の県まで行きます」
アース 「私もです」

wakame02.jpg 「○○(北海道物産展とか来る感じのデパート)とかい行かないの?」

アース 「……行かないです」
田中 「若い子は行かないですよ。駐車場料金高いし」

wakame02.jpg 「そうなの?○○もいいわよ」

貴女のセンスでそれ言われても説得力が全くない!と思ったのは私だけではなかったはず(*_*)
後々わかったことですがワカメさんは車はおろか、携帯電話も持っていませんでした。
どっちも必須アイテムなのですが…
GUアプリで安くなる話とか全く分からなかっただろうな(;´Д`)
つうか、勤怠連絡どうしてたのか未だに謎です。

次回予告、とうとうポマードさんがワカメさんの地雷を踏む!

余談だけれど、あの時のアースちゃんは私は子供を産むつもりがないから放射能が降り注ごうが関係ないので就職したかったんですけどって言ってたけど、今はどうしているだろうか。

短大を出てすぐだったようだからかなり若かったけど、親御さんの選択が間違ってなかったと思う日が来るといいと思います。
子供欲しくなる時が来るかもしれないよって私は言った気がするけど、必ず来るよと今なら言いたい。
でも、リア充って感じだったしもう結婚してるかもな~(*´Д`)

導火線に火をつけた人物ワカメさん

何故そもそも結婚しようと思ったのか、ぼんやりとした危機感がはっきりとした危機感になったのか。
周りの友人たちがどんなに結婚していこうとも大した危機感もなかった私に衝撃を与えた人物。

それがワカメさん(仮)42歳独身。
ワカメさんは派遣で行った職場で知り合いました。

ブラック企業に就職。
正社員だし、辞めるわけには行かないと頑張ったら立ち上がることも困難なほどの鬱にかかり引きこもっている間に親父が心筋梗塞で倒れ、手術という時に震災…
結構な間社会人から離れていた私。

流石にやばいと思い派遣会社に登録して働き始めました。
未経験者歓迎な感じの職場なので正直思いもよらない人たちが集まっていました。
定年後暇つぶしに来ているおじさんとか
外国人妻らしき人が離婚のために日本帰ってきて派遣で仕事してたり(; ・`д・´)
でも、基本多いのは奥様方です。

wakame02.jpg

髪型が似ていたので命名。
初めはワカメさんも周りの主婦の人たちと同じように生活費の足しで働いているのかな?ぐらいに思っていました。

しかし、日々おかしいと思うことが増えていく。。。

ワカメさん大分変っている…
どう変わっているかというと、何をおいても一番は服のセンスが凄い。
年相応の服を着ない( ゚Д゚)
waka01.jpg
こんな感じ…
※あくまでイメージです。かなり近いけど。
正直、40代には見えない。
今どきの60代でもこんなの着ないよね|д゚;)

服に関して時間をかけて分かったことは、秋物と冬物しか持っていない。
夏はクーラーがきついから常に長袖なのかと思っていましたが、冬服も見たことがあるものばかりを着ていました。
ものを大切に着ているというのとはどこか違うイメージです。

メイクもほぼノーメイクホントにワカメちゃんそっくりそのまま40を迎えたような姿。
別にスタイルも悪くないとは思うけど、正直服のセンスが絶望的なためそこまで目がいかない。

ワカメさんとのエピソードは割とあるのでちょっとづつ区切ろうと思います。
つづく
テーマ: 恋活・婚活 | ジャンル: 恋愛

一つカテゴリー追加しました。

先が見えてきたら書いていこうと思っていたカテゴリーを追加しました。

婚活です。
といっても、私はパーティーに行ってみたりとかそういうのしてないから。

どっちかというと、私と友達、知り合いの話メインです(;'∀')
女性の話かなほとんど。

もやもや病のこともあるし、端から諦めているところもあったので27歳の時に仲のよかった友達が外国人と結婚するべくいろんなところに出かけていた時も頑張れ~私は、それどころじゃないとか思っていたのに30を目前にしたときに感じた孤独感…2年前彼女が感じていただろうこの焦りに人並みに苛まれた田中。

諦めたと漠然と思っていたけど、諦められるわけがない!
私、結婚したい!子供欲しい!!
女に生まれたからには成し遂げたいことだ(ー_ー)!!

しかし、スマオタ、腐女子、もやもや病持ちのこの三重苦を受け入れる人間が現れるのか…
結婚するには恋愛するんだよな?
えっ?ってか、何をするべきなのか?

女子高で一緒だったいまだ未婚6人の話とかを織り交ぜながら書いていこうと思います。

今色々宙ぶらりんで時間あるからまったり更新です。
お暇なら読んでください。
テーマ: 恋活・婚活 | ジャンル: 恋愛
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。